立体工房
mvpics

子供の時に見た「とびだす絵本」

開くたびにキャラクターがとび出したり、動いたり。そこには感動や驚きが、たくさん詰まっていました。

何度も開いてみたくなる、あの日に感じた楽しさやワクワク感をもう一度・・・。

野毛印刷では、「POPUP(ポップアップ)」という手法を用いて印刷物の新しい価値を見出すために、

取り組みをはじめました。

WORKS

冬のポップアップノベルティキャンペーン2020

株式会社アイ・トピア様「紫外線カットレンズ」店頭告知用ポップアップ

大東建託様 「未来展示場ROOFLAG」ポップアップ招待状

ビックカメラ様 バレンタイン向け「ビッカメ娘」ポップアップカード

2020年 野毛印刷社年賀状

 「ヒラメキ工房 ご来場サンクスポップアップカード」

バンダイナムコエンターテイメント様 「パックマンクリスマスポップアップカード」

株式会社オージーケーカブト様「ぬり絵ポップアップカード」

NOK株式会社様「展示会向けノベルティポップアップカード」

「POPUP(ポップアップ)」とは、とび出したり、動かしたりできるしかけ絵本やカードの総称です。

歴史は古く、(カラー印刷の普及する以前の)13 世紀に手書きによる天文学や医学などの

学問的な実用書が、世界で最初のしかけ絵本だといわれています。

それから商業的な出版物としては18 世紀以降ヨーロッパから広まったといわれています。

(有名な作品としてはロバート・サブダ(Robert Sabuda)によるしかけ絵本

「ふしぎの国アリス」などが挙げられます)