立体工房

子供の時に見た「とびだす絵本」

開くたびにキャラクターがとび出したり、動いたり。そこには感動や驚きが、たくさん詰まっていました。

何度も開いてみたくなる、あの日に感じた楽しさやワクワク感をもう一度・・・。

野毛印刷では、「POPUP(ポップアップ)」という手法を用いて印刷物の新しい価値を見出すために、取り組みをはじめました。

WORKS

オートリブ株式会社様「内定者向けPOPUPカード」

ペーパークラフト 昆虫編

お出かけペーパーバッグ

POPUP名刺 ver2

会社説明会参加者向け POPUPサンクスカード

株式会社ニトリ様「内定者向けメッセージカード」

株式会社ナガホリ様 Only Youオリジナル婚姻届

野毛印刷社 父の日サンクスカード

野毛印刷社 母の日サンクスカード

「POPUP(ポップアップ)」とは、とび出したり、動かしたりできるしかけ絵本やカードの総称です。

歴史は古く、(カラー印刷の普及する以前の)13 世紀に手書きによる天文学や医学などの学問的な実用書が、世界で最初のしかけ絵本だといわれています。

それから商業的な出版物としては18 世紀以降ヨーロッパから広まったといわれています。

(有名な作品としてはロバート・サブダ(Robert Sabuda)によるしかけ絵本「ふしぎの国アリス」などが挙げられます)