立体工房

子供の時に見た「とびだす絵本」

開くたびにキャラクターがとび出したり、動いたり。そこには感動や驚きが、たくさん詰まっていました。

何度も開いてみたくなる、あの日に感じた楽しさやワクワク感をもう一度・・・。

野毛印刷では、「POPUP(ポップアップ)」という手法を用いて印刷物の新しい価値を見出すために、取り組みをはじめました。

作品集

2018年 暑中見舞い状「NOGE RIUM」

2018年 暑中見舞い状「NOGE Soda」

井内区の美しい棚田がある風景のお礼状

株式会社ニトリ様「内定者向けメッセージカード」

バー・レストランEmiliano様「メニュー表」

株式会社横浜赤レンガ様 「横浜赤レンガ倉庫 クリスマスカード&年賀状」

暑中見舞い

名刺

「POPUP(ポップアップ)」とは、とび出したり、動かしたりできるしかけ絵本やカードの総称です。

歴史は古く、(カラー印刷の普及する以前の)13 世紀に手書きによる天文学や医学などの学問的な実用書が、世界で最初のしかけ絵本だといわれています。

それから商業的な出版物としては18 世紀以降ヨーロッパから広まったといわれています。

(有名な作品としてはロバート・サブダ(Robert Sabuda)によるしかけ絵本「ふしぎの国アリス」などが挙げられます)

― こちらの5つが基本のベースとなるパターンになります ―

papervraft1

御社のノベルティや記念品としてポップアップをご検討ください
毎年同じ卓上カレンダー、うちわ、オリジナルタオルももちろん素敵ですね。

でも次回は少し工夫を凝らして、相手を驚かしてみませんか?

手に取った瞬間から厚みがいつもと違って、その変化にスグに気付くでしょう。

パッと見た瞬間に、その仕掛けに心が踊ります。

なんだか昔懐かしい、飛び出したり、仕掛けが動いたりする絵本を思い出して温かい気持ちになるかもしれません。

デスクワークの最中や、残業のふと合間に御社の特別な贈り物に心が癒されるかもしれません。

立体工房ではお客様のご要望とご予算に合わせて最適なアイディアをご提案します。

まずはお気軽にお問い合わせください

会社名 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス(必須)
日中のご連絡先
メッセージ本文


個人情報の取扱い についてチェックをお願いします。